桜は和の建物に似合いますね

あちこちで桜が開花していますね。
私も近所の神社で桜が開花していたので見に行ってきました。

いつもは人気の全くない神社ですが、さすがに桜が咲いているこの時期は訪れる人が絶えません。
和風の神社仏閣に桜の花は風情がありますね。やはり桜は和の建物に似合います。

残念ながらこちらの神社では敷物を敷いて花見というのは無理なので、訪れる人はみな写真を撮ったりしばし眺める程度の見物になります。
そのほうが騒がしくもないし、ゴミも散らからないのでかえって風情があっていいです。

こちらの神社は秋の紅葉も楽しめるので、人気がないながらもなかなか四季折々の風景を楽しめる格好のスポットになっています。
周辺の公園でもあちこちで桜を楽しめるので、しばらくは桜見物めぐりの散歩にあけくれようと思います。

消費税増税前日の買いもの

消費税増税前の休日だったので、ドラッグストアで買い物してきました。
いつも行くお店は、ちょうど月曜日がポイント2倍デーなので。

ぐるっとお店を見て回ったら、トイレットペーパー、箱ティッシュは品薄でした。

私は花粉症で市販の薬を飲んでるので、アレルギー薬を1箱買っておきました。
薬って値引きしないし単価が高いから、家にまだ残ってるけどどうせ来年も必要になるんだし、と思って。

あとは保湿剤。超~乾燥肌なんです。だから保湿剤が欠かせなくて。
これも、今使ってるのがまだ半分くらい残ってるけど、4月には買わなきゃいけなそうだから前倒しで購入。
薬と保湿剤を同時に買うと結構なお値段になってしまうのですが、仕方ない…。

さていよいよ増税!今まで以上に家計を引き締めないと!

「花子とアン」が始まります

朝ドラはあんまり見ていませんでした。
「あまちゃん」も結局1回も見なかったし、「ごちそうさん」はちょっと気になったけど最初の週に見るのをやめてしまいました。
ちゃんと見るのは「梅ちゃん」以来です。

「赤毛のアン」の作者モンゴメリが好きな私。
本当は、「アン」より別の作品が大好きで、他にもいろいろすばらしい作品があるので紹介したいんのですが、「アン」と言えばみんなわかってくれるから赤毛のアンと言うようにしています。

村岡花子さんは、「アン」を初めて日本語に訳した人。
時代が変わって訳がちょっと古臭くなっても、村岡訳が好きという人がたくさんいて、私もその一人だったりします。
少女向けの読み物がなかった時代に「アン」を紹介した、その功績はもっと認められていいと思うから、このドラマは待ってました! って感じです。
これから楽しみです。

サンドイッチと我が家のルール

サンドイッチ大好きなんです。
おいしいですよね。
手で食べれるので良く作ります。

私の家は、パンの耳もつけたままです。だって美味しいパンで作るから、捨てるなんてもったいない(^^;
タマゴが定番ですが、玉ねぎや人参など刻んでタマゴに混ぜ、具沢山にします。ボリュームもすごいことに。。

お弁当で職場に持っていくと、、、皆様ルールが違うようで、タマゴには砂糖を入れるとか、耳はとるとか、ハムは必須とか意見はさまざま!
好き勝手言うのは良いけど、自分が美味しいならどうでも良いと思うんだけどー。
切り方も色々でした。我が家ルールって本当さまざま。

今日は過ごしやすい陽気でした。暖かくなってきたので、今週末はサンドイッチ持ってお散歩しようかなー。

皆様、サンドイッチの我が家ルールありますか?(^^)

今週のスイーツはこれだ!

先週に引き続き、今週もロールケーキを作りました。
今週はバナナのロールケーキです。

今日もスポンジ生地は見事、ふかふかに焼き上がりました。
巻く時もクリームがはみ出ることなくきれいに巻き上げることができました。
出来上がったロールケーキは夕飯後、家族と一緒に食べました。
バナナと生クリームの組み合わせって本当に最高です。
欲を言うならチョコをかけてもいいかな。

今回も好評でした。
でも、何かが違ったんです。
あとでレシピをチェックしてみたところ、水分の量を微妙に多めにしていました。
言わなければわからないことなので言っていませんが。

生クリームも無くなったことだし、来週は何を作ろうかな?
春も近付いてきたので生クリームを使わず、和菓子もいいかもね。

かわいいグリーンカフェ

近所にカフェがオープンしたので覗きに行ってきました。
そこはちょっと変わったグリーンカフェでした。

手作り風のわざとペンキにムラがある感じの白い壁に、シャビーなブリキの文字でカフェの名前が書いてあります。そして、お店の軒下にはたくさんの多肉植物の苗が。

このお店のオーナーさんは、多肉植物マニアのようです。
多肉植物と言って真っ先に思いつくのはサボテンですが、とげとげのサボテンの他にも不思議な形の多肉植物がいっぱい。
丸いつぶつぶがいっぱい連なったようなのや、みずみずしい葉が重なり合って花のようになったのや、白いうぶ毛に覆われたような質感のものなど、それぞれ個性的な形をしています。

思わず見入っていたら、オーナーの女性が多肉植物のことをいろいろ教えてくれました。
種類や、育て方や、寄せ植えの方法を話してくれました。
お店で美味しいコーヒーをいただきながら、店内に飾られた多肉植物やエアプランツを眺めて、癒しのひとときでした。

また通ってしまいそうです。

「ラプンツェル」食べたいような食べたくないような…

空き地に生えているノヂシャがクリム童話にでてくるラプンツェルだと知りました。

お産が近い人がどうしてもラプンツェルを食べたくて魔女の庭にあるのを採ってしまい魔女に見つかってしまいます。
生まれて来た子供を魔女に渡すことになり子供は塔に閉じ込められて育てられるというお話です。
ディズニーの映画にもなりましたよね。

子供と引き換えにしてまで食べたいというラプンツェルってどんなものなのかな…さぞ美味しいものだろなってずっと思っていました。
それが、春先に空き地に咲いているノヂシャだっただなんてビックリです。

タンポポやはこべなどと一緒に咲いているのをよく見かけます。
小さなかわいい花が咲きます。葉っぱもそんなに大きくありません。
でもまさかそのノヂシャを食べるなんて思ってもいませんでした。

童話にでてくるぐらいだから美味しいのでしょうけど…さずがに空き地に生えているのを摘んで食べるのは勇気がいります。
でも、どんな味がするのか気にはなります。

空き地に生えているノヂシャを見ながら食べてみようかどうしようか迷っている今日このごろです。

気持ち・感情・ウソも

あるコラムに「ストレスが溜るとナゼ食欲がアップするのか?」と、こんな問いかけで見出しがありました。
なぜかって単純に考えてみると、それによって気分が少々Highになって落ちつかないような感じ、その満たされないところを食欲でうめようとするから。
モチロン、食後すぐにとかはあり得ないですが。

人間は気分がいい時でも、そうでない時でも少なからず表情とか行動や所作にそういう感情が出てしまうものですよね。
ウソをついていたらどこかぎこちなかったりするものだし、その瞬間だけはしのげても後でちゃんと見抜かれてしまうもの。
相手の人が熟年層とか人生経験豊富な人なら、思いやりとかで優しいウソをついてくれるのかも知れないですが。

男子ごはんは一石二鳥

最近、男性が料理研究家であったり、”男子ごはん”的テーマの料理番組が増えて来たように思います。

そもそも、レストランのシェフは男性の方が多いので、男性がお料理する番組は何も不思議ではありません、昔からありました。
が、何か違和感があると感じるのはその”料理男子”が若くてイケメンだと言う事ではないでしょうか。

シェフには容姿を求めていなかったはずなのに、お料理が出来て顔が良ければ他に言う事はなく、番組だって観ているだけで一石二鳥な感じです。
イケメンを見ながらレシピを学ぶ、ですから。

男子ごはんは、多分本来は「男子もたまにはご飯を作ろう」みたいなコアがあったと思うのですが、いつの間にか世の女性に向けて、こんな男性は理想的と言うハードルを作ってしまった様に思います。

夫の誕生日をお祝いしました

今日は夫の誕生日でした。誕生日のお祝いといっても、派手なパーティーをしたり、大きなプレゼントをするわけでもなく、いつもより少し豪華なお弁当を作り、夕飯には夫の好きな食べ物を並べただけです。

結婚してから、毎日お弁当を作っています。
誕生日のお弁当は毎年、早起きして夫の好きな炊き込みごはん、鯖の竜田揚げ、白菜のごま和え、いちごというご馳走弁当にしています。

夕飯も、夫の好きな茶碗蒸し、鰹のたたき、焼き鳥など好物を並べ、一緒に晩酌しました。翌日の仕事のことも考え、アルコールは控えめにしましたが、好物ばかりが並んだ食卓を夫は喜んでくれました。

甘いものは苦手なため、デコレーションケーキは毎年、用意しませんが、チーズケーキは好きな夫のため、ショートケーキのチーズケーキを用意しました。

ささやかな幸せを感じながら夫の誕生日を祝いました。