春だからイキイキとして

4月のちょうど中旬、さすがにここまでの季節になるとホントのあったかさというの感じますね。
冬時期でも屋外で鉢植えの花がわずかに見られたけれど、同じ花、パンジーなんて冬でも咲いてたけれど、元気さがちがうって思いながら見てました。

はなびらの大きさもそうですが、全体的にシャキっとしているのが印象的、春らしいなと、この空気の暖かさと適度な水分、充分な日差しも植物にいいものなんだと実感してしまいます。
植物も寒さを越えて、それに人間や動物も待ちわびた季節がこの春というものなんですね。

冬にはこごえそうだった噴水は涼しげに見えるし、アジサイ、イチョウ、くすのきなどの新芽も枯れ木の状態からはずむような表情をしていました。